サイトメニュー

うつ病の治療法

医者と看護師

うつ病を治療するにはいくつか方法があります。治療の種類としてカウンセリングと投薬治療と休養があります。この三つを組み合わせながらその人の状態を見て治療を続けていきます。うつ病になってしまった場合は、まずなによりも休養を取る事が大切です。その理由としてうつ病の人の心は日々のストレスによって疲れ切っているからです。疲れ切っている心にいくらアプローチをしても効果がありません。まずは疲れ切っている心を回復させる事が大切なのです。休養をする場合は、自分がどんな事にストレスを感じていたかを見つめ直す事が重要です。環境によってストレスを感じていた場合は今までの生活習慣や環境を変えて心機一転してみましょう。投薬治療は休養で休めた体の回復力を上げる役割を担っています。うつ病になると心だけじゃなく体へも影響が出るからです。投薬治療により機能が低下していた脳の働きを回復させ、神経伝達物質の異常分泌を正常にします。抗うつ剤はその役割を行っています。うつ病になってしまうと、脳で感情を処理やコントロールがうまくできない人もいます。感情のコントロールがうまくいかないと、物事を主観的に捉えがちになってしまいます。カウンセリングを行う事で自分の置かれている状況を客観的にみられるようになるので、考え方を変える力を身につけさせる事ができます。またカウンセリングと一緒にバタフライハグのようなセルフケアの仕方も学ぶ事ができます。うつ病の発見は早いほど良いと言われています。何故なら重度になるにつれて自殺願望を抱きやすくなるからです。日頃から心や体の異変に気付くことが大切です。うつ病は前よりも理解が進んでいますが、まだまだ社会的には理解が足りない部分もあります。うつ病への知識の無さや誤解はうつ病で苦しんでいる人を余計に追い詰めてしまいます。まずはうつ病への理解を深める事が大切です。

うつ病は診断が難しい病気です。また、うつ病には種類がありそれぞれで治療の方法も異なります。寒い季節が近づくにつれてうつ症状を発症する冬季うつ、内面よりも身体的な症状が特にでてしまうつと判断されにくい仮面うつ病、特定の場所にいると気持ちが下がってしまったり、思うように体が動かなくなる新型うつというものがあります。うつと名前がつくものは全てうつ病とは限りません。うつと同じ名前がつくうつ状態とうつ病がありますが、うつ状態はうつ病とは違います。二つは症状が違うので違いを知っておきましょう。うつ病とうつ状態の違いはうつ病は病気の影響で憂鬱になっている状態で、うつ状態は気分が憂鬱になっている状態です。
また、うつ病とうつ状態ではうつの症状が違います。うつ病を発症していると、自分の頭の中にある空想と現実が混ざり合ってしまう妄想状態を起こす時があります。妄想状態になってしまうと、うつ病患者は現実よりも妄想に引っ張られてしまい、妄想の中で起こっている考え方や行動が現実の自分にも影響を起こしてしまうのです。妄想や思い込みは自分では中々解決する事ができません。また、その妄想を誰かが指摘してもうつ病患者本人は信じる事ができません。一方うつ状態の人は、妄想状態になってしまう事はほとんどありません。