サイトメニュー

自分で自分の心も守る

女性

精神疾患は誰でも発症してしまう病気です。精神疾患になってしまう要因にはストレスがあります。ストレスは適度に発散していないとうつ病へと変わってしまいます。自分の心を守るのは自分です。自分で心を守る方法としてセルフケアという方法があります。心を守る為には全部で四つのケアを行う必要です。一つ目は先も述べたセルフケアです。セルフケアは自分で自分の心をケアする事です。自分で心の動きを感じ取り、ストレスを軽くするよう努めたり、必要があれば今までの生活を変える事も大切です。
二つ目は職場の中にいる管理者が行わないといけないケアです。このケアをラインによるケアと言います。職場にいる管理者は従業員や会社員がどのような環境で働いているのかを把握し、必要な場合は改善をする必要があります。他にも会社員が日々の業務で困っている事や意見を聞いたり気持ちに寄り添う行動をしなければいけません。
三つ目は人事労務管理者や保健師、産業医が行うケアです。メンタルヘルス向上に向けて支援や働きかけを行ったり、職場の管理者にケアについてのアドバイスを行ったりして支援をしています。
最後の四つ目は自分や会社以外の専門医療機関からの支援、事業場外資源ケアがあります。自分や職場でのメンタルケアを行っていても心の状態が元に戻らない場合は専門医療機関を利用して短期間の治療に役立てます。
心の平穏を保つ方法で特に大切なのはセルフケアの前に自分の事をしっかりと理解する事が大切です。平穏を保つ方法としてストレスを自分でコントロールする事は大切ですが、ストレスにさらされた時自分がどんな行動や気持ちになるか気にした事はありますか?ストレス時の行動や言動は人それぞれで違います。仕事が順調に進まない日が続くと、帰宅してもイライラが持続していたり家族にイライラをぶつけたりしていませんか?イライラとは逆に悲観的になるという人もいるでしょう。これはストレスに反応した心のサインです。まずは自分がそのサインを見逃さず気づいてあげる事が大切です。サインが分かれば自分でも対処がしやすいできます。サインが現れたらストレスを上手に解消するようにしましょう。ストレス解消法は人それぞれ違います。趣味に没頭したり、新しい事を初めて気分転換を図るのもおすすめです。また、バタフライハグのような特定の動作をストレスを感じた時に行うのも良い方法です。また、身体を動かす事もストレスには効果的です。がっつり運動をする必要はいりません。ウォーキングをするだけでもストレスを軽減させる事ができます。心の平静には運動や趣味に没頭する以外にもしっかり寝て、バランスの良い食事をとる事も大切です。体の疲れでイライラしやすかったり、眠気で仕事に身が入らないというひてゃ、自分の生活習慣から変える必要があります。最近は会社でもストレスチェックを行っている所が増えています。会社で行うストレスチェック以外にも自分でも行うようにすると自分が日々ストレスをどのくらい抱えているのか知る事ができます。ネットでも簡単に診断できるサイトがあるので試してみてください。