サイトメニュー

サポートも重要

診察

うつ病治療として特に重要なのが休息です。うつ病になってしまうと今まで出来ていたことができなくなったり、楽しく行っていた事ができなくなったりしてしまいます。休養を取る場合は自己判断や家族の判断ではなく、しっかり医師に診断をしてもらってから休養を取るようにしましょう。学校や仕事に行く意欲が残っている人は通勤や通学を続けながらうつ病の治療を行う事もできます。意欲が残っている状態の人を休ませる行為は相手に休養をする事への罪悪感を与えてしまうので無理に休養を勧めるのは避けましょう。うつの症状が強く出ていて、勉強や仕事を行う気力がなかったり、気持ちが落ち込んでしまう期間が長くなってしまう場合は療養をするのがおすすめです。やりたくても何もできない自分に腹が立ってしまう症状になってしまう事が最初はありますが、休養をしっかりと取る事でうつ病を早く治す事ができます。自宅で療養を行う時はできるだけうつ病本人のストレスと感じるものを遠ざける事が大切です。他にも休養を使って生活環境の改善を行う事もうつ病には効果があります。うつ病により自殺願望を抱えるまで悪化してしまうと、自宅療養では難しく病院へ入院する必要があります。専門機関で監視を行う方法まで行わないと本当に自分から命を絶ってしまうからです。
うつ病の人が休養を行う時は家族や職場のサポートが必要です。どんなサポート行えばよいのでしょうか?病院への通院に付き添ったり、家事を任せっぱなしであれば分担して行う方法を取り相手の負担を軽くしましょう。うつ病の症状緩和として気分転換に外へ行ったり体を動かすのが良いという人がいますが、症状が落ち着くまでは外への外出は避けた方が良いです。その理由としては、うつ病の症状に楽しい事も楽しくないと思考が切り替わってしまう病気だからです。なので、外への外出が逆効果となって相手にかなりのストレスを与える事に繋がるのです。無理に何かをせず相手に寄り添い見守るようなサポートを行っていきましょう。バタフライハグのようなセルフケアの方法を医師から学ぶのもうつ病患者サポートに役立ちます。
自分の部下や同僚がうつ病になってしまった場合は、外部にいるカウンセラーや産業医に相談をし、仕事を休職するのか判断してもらいます。相談の結果休職が決まった場合は、うつ病患者へのケアは担当の医師と家族に委ねて、会社側はうつ病治療後仕事が復帰しやすいように環境作りをしておきましょう。戻ってくる前にできるだけその人の労働状況や仕事量、勤務態度を調べて業務の見直しをする必要があります。会社勤めに意欲のある人は、通院しながら治療を行うので仕事の量を抑え、その人の状態を見て早めに仕事を終えさせ帰宅させるという方法を取るようにしましょう。仕事への手助けは勿論ですが、仕事でよくできた所があれば、褒めてあげるのも大切です。