サイトメニュー

医者と看護師

うつ病の治療法

うつ病は病気なのでしっかりと治療すると治す事ができます。うつ病の治療は投薬治療、カウンセリング、休養を主に行い状況に合わせて他の方法も合わせながら治療を行います。カウンセリングではセルフケアであるバタフライハグの方法も教えてくれます。

詳しく見る

院内

うつ病と似ている病気

精神疾患の中にはうつ病と似ている症状でもうつ病ではない病気もあります。パニック障害、PTSD、不安障害、統合失調症は最近では神経症性障害と呼ばれています。症状を悪化させる前にバタフライハグのようなセルフケアでストレスを緩和させましょう。

詳しく見る

女性

自分で自分の心も守る

自分の心にストレスを与えすぎるとうつ病を発症してしまいます。なのでできるだけ自分でストレスを溜め込まないようにする事が大切です。イライラで心がざわつく時はバタフライハグを利用して心を落ち着かせる自分で自分を守るセルフケアが大切です。

詳しく見る

聴診器

うつ病になりやすい人

うつ病になりやすい傾向の人は存在します。必ずうつ病になるわけでありませんが、可能性はゼロでないので注意しておく必要があります。また、ストレスは意識しすぎない事が大切です。バタフライハグもストレスを意識させない方法として有効な方法です。

詳しく見る

診察

サポートも重要

うつ病治療には休養が大切です。うつ病患者の病気を治すには患者の周りにいる家族や職場のサポートが不可欠です。診察に付き添い医師からバタフライハグのようなセルフケアの方法を学んだり、家事を分担するサポートを行うようにしましょう。

詳しく見る

うつ病を知ろう

看護師

うつ病は日々生活していく中で起こるストレスを跳ね返す力が足りなくなってしまう病気です。跳ね返す力が不足する事により、外部からのストレスを感じてしまうと、そのストレスに負けてしまい気分が落ち込んだり塞ぎこんでしまうのです。人の感情を作っているのは脳です。うつ病はこの脳に何らかの異常が起き、働きが低下して心が安定しなくなってしまうのです。また、心の病気はそのまま体にも直結します。心の病気で夜眠れなくなったり、ご飯を食べすぎてしまったり、頭痛や腹痛を引き起こしてしまいます。
うつ病はよく心の弱い人がなる病気だと思われがちですが、うつ病は心の弱い人だけがなる病気ではありません。頑張り過ぎている人や明るく元気な人でもうつ病になります。また、うつ病になる要因は様々で、日々のストレスからうつ病になる人や他の精神疾患を患っていてその疾患からうつ病に発展する人もいます。うつ病は脳の病気なので、その人が心で頑張ろうと思ってもどうにかする事はできません。うつ病の治療を行うにはしっかりと診断をしてもらい、治療方法を決める必要があります。また、うつ病は周りのサポートが必要不可欠です。なので、まず最初に家族や恋人、一緒に働く会社の仲間がうつ病について理解する事が大切なのです。
うつ病の症状は外見に現れるものではないので、外から見ても分かりません。また、うつ病を患っている人も自分がうつ病だと気づきにくいです。うつ病の主な症状としては何も悲しい事がないのに悲しくなってしまったり、気持ちが落ち込んでしまう、今まで好きで続けていた物に対しての興味が無くなってしまうなどがあります。他にも必要以上に自分を責めてしまったり、自殺願望がよく起こるようになるとうつ病である可能性があります。うつ病が起こる原因は未だに詳しく解明されていません。ですが、幸せホルモンとして有名なセロトニンやノルアドレナリンという大切な神経伝達物質が脳の中で上手に分泌されないという理由や副腎皮質からコルチゾールという物質が余計に分泌される事で起こると考えられる説もあります。うつ病についての謎は解明されていませんが、要因として一般的に考えられているのは環境の変化やストレス、病気などの理由が組み合わさる事で発症してしまうと考える人は多いです。うつ病要因は主に環境による要因と身体的による要因に分けられます。この要因を調査する事で今後どうやってうつ病を治療するのか決めていきます。うつ病はデリケートの病気なので、病気へのアプローチを間違えてしまうと患者へ過度のストレスを与えてしまうのでうつ病を悪化させる原因となってしまいます。原因を究明する事で、患者が安心して治療に臨めるようにするに医師はアプローチしていきます。
うつ病にならないようにする為には日頃からストレスを溜め込まない事が大切です。好きは事をしたり、知らない場所へ行って気分転換を図ったりする事でストレスを緩和する事ができます。他にもセルフケアという方法もあります。セルフケアにはバタフライハグというものがあります。バタフライハグは両腕を胸の前で組んで軽く両腕を叩く動作をします。バタフライハグは心に病気を持つ人に効果があると言われており、注目されているセルフケアです。自分でも簡単にできるので、イライラしたり気持ちが落ち込んだ時に行うのがおすすめです。

人気記事

医者と看護師

うつ病の治療法

うつ病は病気なのでしっかりと治療すると治す事ができます。うつ病の治療は投薬治療、カウンセリング、休養を主に行い状況に合わせて他の方法も合わせながら治療を行います。カウンセリングではセルフケアであるバタフライハグの方法も教えてくれます。

詳しく見る

院内

うつ病と似ている病気

精神疾患の中にはうつ病と似ている症状でもうつ病ではない病気もあります。パニック障害、PTSD、不安障害、統合失調症は最近では神経症性障害と呼ばれています。症状を悪化させる前にバタフライハグのようなセルフケアでストレスを緩和させましょう。

詳しく見る

女性

自分で自分の心も守る

自分の心にストレスを与えすぎるとうつ病を発症してしまいます。なのでできるだけ自分でストレスを溜め込まないようにする事が大切です。イライラで心がざわつく時はバタフライハグを利用して心を落ち着かせる自分で自分を守るセルフケアが大切です。

詳しく見る